バイアグラの薬効

バイアグラの薬効

器質性または心因性のED患者の臨床試験ではプラシーボを混ぜての本格的な研究がされました。ほとんどのケースではバイアグラ接種後60分ほどでその有効性が確認されました。

 

勃起反応は、バイアグラ摂取量と、結晶内の濃度が上昇するにつれて強く現れました。

 

効果持続時間については、最長4時間を記録しています。勃起反応は2時間のときと比較すると、弱くなっていました。

 

バイアグラの一回100rの投与は、正常な団背にの心電図には何ら影響は表れませんでした。

 

老人への薬効

 

健康な老人ではシルデナフィルの作用時間が遅く、薬効に関しても若い人と比べると40%ダウンでした。

 

臨床研究

 

バイアグラは性活動に必要な勃起機能に効果があり、多くの場合満足できる性行為に十分な勃起力を持たせることができます。臨床試験では25r、50r、100rのそれぞれを、6か月の期間をかけて様々なデータを収集しました。

 

バイアグラの実験は、5年間ほど様々な原因からのEDである3000人以上の男性を対象に行われました。

 

すべての実験で、バイアグラとプラシーボとを比較して、統計的に大きな症状の改善を見ることができました。

 

バイアグラの有効性は、いくつかの測定機械を使用したほとんどの研究でも明らかとなっており、勃起機能、オーガズム、性欲、成功時の満足感、などが向上することもわかっています。

 

挿入後の勃起維持に関する研究では、1か月以上にわたってデータを取り続けた結果、25r、よりも50mぎゃ100rのほうが効果が高いことがわかっています。

 



このページの先頭へ戻る