バイアグラによる持病の悪化

ED以外にも、もともと持病を持っている人がいると思います。持病の症状や、治療方法と、バイアグラの作用との関連による、病状の悪化などはないのでしょうか?

 

バイアグラは基本的に血管を拡張させる作用がある医薬品です。もしも体内のどこかからか出血が続いている状態でバイアグラを服用することで、その部分の出血をも促進されてしまい、症状が悪化することが考えられます。

 

眼底出血など、出血の自覚がない部分での悪化は危険な状態になることが想定されます。またバイアグラで起こる副作用出る頭痛に関しても、頭の血管が拡張することによって、起こる偏頭痛であると説明がつきます。

 

反対にバイアグラの作用によって、機能が向上することがわかっている器官があります。それは心臓です。心臓に関しては、血管が拡張されることで、血液を送り込む心臓の負担が軽減され、機能が高まることがわかっています。

 

このように、持病の症状とか所によっては、バイアグラは薬にもなり、反対に症状を悪化させる原因となることもあるのです。

 

使い方は、医師に相談することで、バイアグラによる持病の悪化などは予防することができるようになるでしょう。軽い頭痛程度の副作用は、健康な方でも起こることがあるようです。



このページの先頭へ戻る