バイアグラってどんな薬?

バイアグラってどんな薬?

バイアグラは、1998年3月に、日本の厚生省にあたるアメリカのFDA(Food and Drug Administration =米国食品医薬品局)によって販売を許可されました。世界で初めての口から飲む勃起不全治療薬です。日本では、新薬申請から半年というスピードで許可されました。通常の医薬品の申請は約3年近くかかります。日本ファイザー製薬のバイアグラが「医師の処方を必要とする医療用医薬品」として正式に解禁されました。

 

バイアグラの効能を説明するためには、まず男性の勃起のメカニズムを理解しなければなりません。

 

男性の体は、性的な興奮を感じると、大脳から信号が出て、ペニスの中にあるサイクリックGMP(神経ホルモンの一種)の分泌を促します。

 

このGMPには陰茎の主組織である海綿体をリラックスさせると同時に、動脈を広げる作用があります。

 

そのために広がった動脈に血液が大量に流れ込み、海綿体が充血した状態になります。硬くなった海綿体が適度に静脈を圧迫するために、ペニスからの血液の流出が防がれ、硬化した勃起状態を持続します。

 

伐期と言うのは、こうした血管の格調と収縮のバランスがあって、初めて可能になるのです。普通に考えているよりもかなりの繊細な作用だということです。

 

EDとは、このGMPの分泌量が少ないか、もしくはGMPを破壊してしまう酵素の分泌量が多いために生じる症状だと考えられています。

 

バイアグラはこのGMPを破壊する酵素の分泌を弱めることで、GMPの働きを最大ガンに引き出すメカニズムを持っているのです。



このページの先頭へ戻る